W01とWX01の徹底スペック比較!【※どっちがいいの?】

W01とWX01の徹底スペック比較をしました!

W01とW02の違いがわからない人

「W01とWX01は名前が似ていて違いがよくわからない・・」と言った声をよく聞きます。

「”X”の文字のある/なしだからそれほど変わらないんじゃないの?」とよく分からずに申し込むと”後悔”するかもしれません。

そのため、間違いが起こらないようにするために、この記事を読んでいただけると幸いです。

※3分くらいざっと読むだけでも違いますよ。

W01とWX01のスペック一覧表

製品名WX01W01
メーカーNECプラットフォームズファーウェイ・ジャパン
発売日・2015/1/30・2015/3/5
ディープブルー
パールホワイト
メタリックレッド
ホワイト
マリン
回線・Wiamax
・WiMAX 2+
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
通信モードハイスピードモード・ハイスピードモード
・ハイスピードプラスエリアモード
最大通信速度220Mbps220Mbps
Bluetoothテザリング×
最大接続台数Wifi : 10台Wifi : 10台
USB接続
有線LAN
(クレードル)
大きさ
(幅×奥行×高さ)
約109×9×66 mm約120×10×59 mm
重量約97g約113g
バッテリー駆動時間約6時間40分約8時間

【メーカー比較】

まずメーカー比較ですが、WX01は国産メーカーの”NECプラットフォームズ”
W01のファーウェイ・ジャパンは中国メーカーです。

「国産がいい!」という方はWX01がオススメです。

【通信モード】

W01とWX01の最大の違いです!(※ここだけはしっかりお読みください)

W01→Wimax2+・LTE

Wx01→Wimax・Wimax2+

「WiMAXはこれからどんどん衰退していき、2018年には打ち切りが決定してるからW01がいい!」

「いや、速度は遅いとはいえ、WiMAXは無制限だからやっぱりWx01がいい!」

と意見は分かれます。

私は両方とも利用経験があるため、使った感想ですが・・

【WX01】

  • WiMAXとWiMAX2+は手動切り替えできない(※WiMAX2+が圏外になると、WiMAXへ自動切り替えをする)
  • 軽くてコンパクト
  • 4×4MIMO対応

※4×4MIMO対応は基地局側(※送信側)と端末側(※受信側)それぞれに4本のアンテナを設置し、下り最大220Mbpsの超高速通信のこと

「え? 手動で切り替えできないの?」というのが私は驚きでした。

とはいえ、都内限定で利用していたので、さほど不便を感じたことはないため、あまり気にしませんでしたね(汗)

それと、「HWD15やwx01の方が良かったな~」とw01を解約する人も多いようですね。
※それほどノーリミテッドモードは必要とされている、というわけです。

【w01】

  • WiMAXは使えないが、WiMAX2+LTEが利用可能

au 4G LTEは別途1000円/月かかり、7GBまでと制限があります。

地下鉄やビル内などWiMAXが不安定な場所での利用が多い人は、wx01がいいかもしれませんね。

まとめ:WX01がおすすめ

まとめる人

W01とWX01の徹底スペック比較!【※どっちがいいの?】の結果は・・・WX01!です。

WX01はLTEが使えませんが、スマホのLTEを利用すればほとんどカバーできるはずだからです。

つまりは「WiMAXはWX01を使って、LTEはスマホでテザリング」で問題ないと思われます。

【追記:2015年11月末】

新機種WX02が発売されたため、ぜひチェックしてみてください!

>>WX02とWX01のスペック比較!【※おすすめはどっち?!】

【追記2016年1月】

WX01の販売が終了したためWX02 VS W01のどちらかになります。

厳選!おすすめプロバイダー3社

>>もっと詳しくWiMAXキャンペーン比較を知りたい方はこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ