WiMAX2+を申し込むならネット・家電量販店どっちがおトク?!

Wimax2+対応のルーターの申し込みはネット上だけでなく、リアルな店舗でも可能です。

特に目立つ存在はやはり”家電量販店”でしょう。

Wimaxが登場する前は、フレッツ光のキャッシュバックキャンペーンを打ち出していましたが、今はWimax2+ルーターの方に力を入れているように思えます。

「じゃあ、ネット・家電量販店、どっちで申し込んだほうがおトクなの?!」

と疑問に思う方に向けて、両者を比較したので、参考になれば幸いです。

端末代金・月額料金

結論から言うと、ほとんど同じです。
(※代表的なヤマダ電機を例に出します)

【端末代金】1円
【事務手数料】3,000円
【月額】3,696円

当サイトオススメのGMOトクトクBBやniftyとほぼ同じです。

キャンペーン金額

  • GMOトクトクBB:28000円
  • @nifty:28000円
  • ヤマダ電機:商品同時購入で5000円引き

ヤマダの5,000円はキャッシュバックではなく、パソコンやタブレット、ゲーム機など同購入をした場合に値引きをしてくれます。

また、ヤマダで契約する場合は支払いはクレジットカードのみですが、@niftyやso-netなら口座振替対応も可能です。

まとめ

代表的なヤマダ電機でご紹介しましたが、他の家電量販店でも似たり寄ったりです。

また、一時期5万円キャシュバック! といって大々的に売り出しをしていましたが、利用料金に1,670円×24ヶ月分支払いが別途必要でした。
パソコンの代金を5万円を引く、というのは聞こえがいいですが、実際は2年間の分割払いというわけです。

一方、ネット経由で申し込めばそういった煩わしさはありませんし、キャシュバック額がかなり多いので、ネット経由での申し込みをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ